キャンディーズの略歴とその後の

キャンディーズ(Candies)は、1970年代の日本のアイドル歌手グループである。ラン(伊藤蘭、1955年1月13日 - ) 、スー(田中好子、1956年4月8日 - )、ミキ(藤村美樹、1956年1月15日 - )の3人組。渡辺プロダクション所属。 多くの楽曲は、当時渡辺音楽出版社員であった松崎澄夫(元アウト・キャスト)のプロデュースによるものである
引退までの期間に全国をコンサートツアーした。これはいわゆる引退記念興行路線であり、これは後の山口百恵を始 め、大物歌手やロックバンドの解散時に恒例のものになっていった(この形式での興行は1975年のザ・ピーナッツが最初と言われる)。リリースするレコードも刻々と迫る引退を視野に入れた内容になっていった(「微笑がえし」は その例である)。この時、ずっとメインボーカルの機会がなかったミキに、1曲のみとはいえメインの座が与えられ た。
キャンディーズの妹分として結成されていたキャンディーズjrというグループがあったが(同じ事務所)、キャンデ ィーズファンから「違和感がある」という声が多かったとして、キャンディーズ解散後にトライアングルに改名する 一幕もあった。日本初の、全国組織型ファンクラブ(全日本キャンディーズ連合(略称・「全キャン連」))を持ったアイドルとして も知られる。
同一事務所に所属していた太田裕美もキャンディーズのオーディションに参加しており、メンバーになる可能性もあ った。もし実現していれば、ラン・スー・ミキに倣って「ヒロ」と呼ばれていたであろうと言われている。 同一事務所に所属していたザ・ピーナッツから衣装をプレゼントされたが、2着しかなかったのでもう1着をザ・ピー ナッツ側が作成して用意したという逸話もある。アイドルではあったが女性人気も高くファッションリーダー的な面もあり当時はポルノの女優までもが髪型を真似ていた。当時のファンには学生運動崩れの武闘派も多数いたという。
三人それぞれのイメージに関しては、「妻にするならスー、恋人にするならラン、秘書にするならミキ」との評があ った。
3人とも東京音楽学院のスクールメイツ出身。1972年NHKの新番組「歌謡グランドショー」のマスコットガールに3人 揃って抜擢され、番組プロデューサーから「キャンディーズ」と名付けられた。翌年1973年歌手デビュー。

デビュー前から人気バラエティ番組「8時だョ!全員集合」にレギュラー出演するも、しばらくはヒット曲に恵まれな かった。当時の人気アイドルは妹的イメージで売り出すことが多く、キャンディーズも初めはハイトーンボーカルの スーをセンターでメインボーカルに起用し、この路線で売っていたが期待したほど売れず、5枚目のシングル「年下 の男の子」(1975年発売)で方針を転換。「お姉さん」的キャラクターのランをセンターでメインボーカルに据えて前面に出し、これが当たって初ヒットとなった。以降のシングルでは、「わな」がミキのセンターである以外はすべ てランがセンターを務めた。ランをセンターに据えたのは当時のマネージャーである諸岡義明の提案によるものであ る。

その後も、個性の違う3人という組み合わせや、「8時だョ!全員集合」や、「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」などのバ ラエティ番組でコントまでこなす積極的なテレビ出演と、愛らしい振り付けを交えた数々のヒット曲により幅広い人 気を獲得した。
遅れてデビューしたピンク・レディーとはライバルともいえる関係になったが、デビュー直後から社会現象的に爆発 的な人気を獲得したピンクレディーに対し、レコード売り上げ等は劣勢だった。

1976年に入った頃には全員楽譜が読め、コーラスなどにも積極的に取り組むなど音楽レベルも向上。さらにはメンバ ーの作詞作曲による作品も多く、当時のアイドルシーンには珍しく音楽に対して前向きに取り組んでいた。後期のア ルバム『早春譜』に至っては、作曲こそプロ作家との合作であったものの、全曲メンバーオリジナル(伊藤蘭名義7 曲、藤村美樹名義7曲、田中好子名義6曲)による作品であった。

人気絶頂時の1977年に突如解散を発表。同年7月17日、日比谷野外音楽堂のコンサートでの発言「普通の女の子に戻 りたい」は非常に有名で、流行語になっている。3人は1977年9月末で解散する意思を固めていたが、事前に所属事務 所の正式な了承を得ずに発表したこともあり、事務所の説得と話し合いの末、解散は半年間先送りされることになっ た。
この解散発表によってキャンディーズの人気は沸騰し、ラストシングルの「微笑がえし」では初めてオリコン1位を 獲得した。このためキャンディーズは解散によって人気を盛り上げたと言える。

1978年4月4日、後楽園球場に5万5千人を集めての解散コンサートが行われ、4年半の活動に終止符を打った。この模 様は全国にテレビで中継され、高視聴率を獲得している。最後に述べた「私たちは幸せでした」の口上も有名。その 後は一度も再結成をしていない(この点では事務所の先輩であったザ・ピーナッツも同じである)。
ここで面白いのはキャンディーズもザ・ピーナッツの後輩だったこと同じマネージャーが一時ついていたことなど。また、「全キャン連」組織まで出来てコンサートをファンクラブの要請で開くまで組織力を付けていた等々・・・当時は学生運動の最中だったその学生の一部もここに加わったなど

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

わが愛しのキャンディーズ
BACK