小松政夫さんの資料です

小松さんも、面白い方ですね。最近まで、植木等さんの付き人だったなんて、ピーナッツの資料をあつめていたときに初めて知ったものです。皆さん、苦労しているんだなと。

小松政夫(こまつまさお、本名・松崎雅臣(まつざき・まさおみ)1942年1月10日 - )は日本のコメディアン、タレント、俳優。 愛称は親分さん、小松の親分(自らのコントから)。
福岡県福岡市博多区出身。実父は地元の実業家であったが、早くに病死し、以後、貧窮をきわめた。 福岡県立福岡高等学校定時 制課程普通科卒業。高校のころは、製菓工場等で働くなど努力して生計を支えていた。高校の頃では、陽気で努力家でもあったと いわれる。RKB毎日放送の劇団に所属するも、1961年に俳優を目指し上京する。魚河岸をはじめとしてなどさまざまな職業を経験し、トヨタ自動車の販売ディーラー・横浜トヨペットのセールスマン時代に公募により植木等の付き人兼運転手となり、その後芸 能界入りを果たす。
なお、セールスマン時代の成績はめざましく、初任給1万円の時代に月給12万円を稼いでいたという。それを生み出す顧客とのセ ールストークや会社内での上司との丁々発止のやりとりは周囲の人気に押し上げられて(さらに後に数々のギャグの礎となり)、芸人を志すに踏み切った。ちなみに、植木等の付き人兼運転手時代の給料はわずか7000円だった。
[編集] デビューデビューは『シャボン玉ホリデー』。きっかけは、同番組に出演していた植木についていった際、最年少の小松青年はスタッフに からかわれた。その時飛び出したアドリブ「知らない知らない知らなぁ~い」がプロデューサーの目に留まり、翌日の収録時には 台本に出番があったという。
その後キャバレーのホステスの会話や学校の担任など、身近な人からヒントを得たギャグや、レギュラー番組のコーナーからヒッ トした「電線音頭」(1976年発売)「しらけ鳥音頭」(1978年発売、60万枚を売り上げた)、物真似(十八番は淀川長治)で一躍 人気コメディアンとなる。

正式なコンビというわけではなかったが、伊東四朗との息のあったコンビは1970年代を代表するギャグの一つとして今なお語り継
がれている。『みごろ!食べごろ!笑いごろ!』や『笑って!笑って!!60分』では「小松の親分さん」など数々の名コントを演じた(
先の「電線音頭」や「ずんずんずんずん~小松の親分さん♪(ニントス~はここから)」など)。

[編集] 「お呼びでない」植木等の代表的なギャグである「お呼びでない」が生まれるきっかけを作ったのも小松政夫である。植木等の付き人時代、植木が 出演していた生放送の『シャボン玉ホリデー』でのショートコントの最中、勘違いして出番前ではないのに「出番です」と植木に 言ってしまい、植木がつい舞台に出てしまった。当然周囲は植木の登場に唖然としたが、その瞬間に植木は機転を利かせて「お呼 びでない・・・こりゃまた失礼致しました」とアドリブを放った[1]。傍で見ていたプロデューサーは大爆笑し、以後、毎回のよ うに使われるようになった。

なお上記のエピソードについて、小松自身はこのような事実はないと否定的な発言をしている。植木等の「お別れの会」の弔辞で
も、「お呼びでないは小松がきっかけだとオヤジ(植木)さんはおっしゃっていたようですが、私はオヤジさんの出番を間違える ようなことはしていないと思うのです。」と述べている。そして「事実でなくても自分のために作ってくれたエピソードであり、 本当に感謝している」とも語っている。

ギャグ「どうして!どうして!おせーて!」(オカマさんの会話より) 「もーイヤ、もーイヤこんな生活!」(オカマさんの会話より)「どうかしとつ、ながーい目で見てください」(オカマさんの会話より、目を横に引っ張り長く延ばしながら) 「もー知らない!知らない!知らない!」(セールスマン時代にいた厳つい風貌の上司の会話より) 「ニントスハッカッカ、マー!ヒジリキホッキョッキョ!トーベトベトベガッチャマン~、ガ~ッチャマンニマケルナ、マケルナガッチャマン、ワ~!」(小学校時代の担任の女の先生が小松を励ました時の言葉より)
「表彰状、あんたはエライ!」
「悪りーね、悪りーね、ワリーネ・デイートリッヒ」
「よーやる、よーやる、よーやるゼリー」
「上手だね、上手だね、西方じょうずだね。東方xxxxだね。福岡県出身、鼻くそ部屋」(xxxxはシーンによって異なる)
「アイネ・クライネ・ナハトムジーク!」(モーツァルトの曲より)
「そーでしょ?そーでしょ?そりゃそうだモン」
BACK