伊東四郎さんの資料です
伊東 四朗 (いとう しろう、本名:伊藤 輝男(いとう てるお)、1937年(昭和12年)6月15日 - )は、日本のコメディアン、俳優、司会者、タレント。
東京都新宿区出身。戦時中は静岡県に疎開。1958年、石井均一座に参加。同期には財津一郎らがいた。最初の芸名は、座長に「いとうにしよう」と言われたことから「伊藤証(いとうしょう)」だったが、ポスターなどに名前が連なると、一文字の名前が先輩より目立ってしまっていけないということで、「伊東四朗」と改名した。石井一座は浅草の松竹演芸場や新宿の新宿松竹文化演芸場を拠点に人気となる。新宿時代、一座の戸塚睦夫が元々軽演劇の仲間であった三波伸介と夜間キャバレーの営業に出ていたが、三波が大阪に行ってしまったために一座の伊東が三波の代役で営業に参加(この頃伊東は三波伸介という芸名を使うことがあった)。のちに三波が東京に戻ったため三人で営業用のトリオを結成。石井一座解散とともに正式にてんぷくトリオ(当初「ぐうたらトリオ」)を旗揚げした。軽演劇の流れを汲むコントで、舞台・テレビで徐々に人気となり、三波のギャグ「びっくりしたなぁ、もぅ」が大当たりして茶の間の人気お笑いグループとしての地位を確立した。

1970年頃、笑点の札幌公演で当時司会の前田武彦が天候不順で来られなくなり、急遽代理として三波伸介が司会をしたことがあった(その時の司会が好評で三波は後に正式な司会に抜擢)。その際、座布団運びの代理は伊東が務め、伊東が正式な座布団運びになっていた可能性もあったというエピソードがある。

1973年に戸塚睦夫が42歳の若さで逝去し、てんぷくトリオの活動に困難が生じるも、三波と2人で「てんぷく」の名を守った。1972年から毎週日曜日に三波らと共に出演していたNHKの『お笑いオンステージ』内「てんぷく笑劇場」での活躍が代表的である。

1975年以降、三波の意向で「てんぷく」名で活動を抑制した頃、小松政夫との共演が話題になり、テレビ番組『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』での親子コントや『電線音頭』でのベンジャミン伊東(この名前の由来は、イギリスの作曲家ベンジャミン・ブリテンから)、『笑って笑って60分』での「小松の親分さん」などのネタで人気に火がついた。小松と2人で生み出したギャグがいくつもあるが、正月によく流れる琴による演奏の『春の海』を口で表現する「つん、つくつくつくつん。つん、つくつくつくつん。ひやーひんひらひらりー、べんべらべんべらべんべらべんべらべん」は伊東のオリジナルである。また、「ずん」や「ニン」、「ど〜かひとつ」といったギャグも有名になった。「ベンジャミン伊東」としての弾け方は、藤田まことなどの芸人仲間から「あいつはバカになったのか!?」と驚嘆されるほどのインパクトがあり、小林信彦からは大いに絶賛された。それまで「てんぷくトリオ」のサブ的役割だった伊東が、にわかに芸能界で存在感を示し始め、1979年には「ザ・チャンス!」(TBS系)の3代目司会者に抜擢されるなどした。

1982年12月8日、盟友・三波伸介が52歳の若さで急死、伊東はショックを受け葬儀で号泣。「てんぷくトリオ」は早くも伊東の一人となってしまう。翌1983年、NHK連続テレビ小説『おしん』の父親役に抜擢され、同ドラマが大ヒット。以後、活動の中心を俳優業に変え、シリアスな演技もできる実力派としての評価を得て、活躍の場を大きく広げた。また、俳優業のほか、バラエティ番組の司会も数多く担当する。数多くのドラマで父親役をやってきた事や、『伊東家の食卓』などのイメージで、他の芸能人からは「お父さん」と呼ばれる事も多い。

自らを「喜劇役者」と位置づけており、いつまでもそうあり続けたいと語る。「てんぷくトリオは解散していない」とも述べ、コメディへのこだわりも見せる。三宅裕司、小倉久寛らと共演したオムニバスコントの舞台『いい加減にしてみました』(1997年、2002年)が好評だった流れで、今ではあまり見られない典型的な喜劇・軽演劇の舞台を再現してみようと、2004年、試みで『伊東四朗一座 〜旗揚げ解散公演〜』(タイトルからも分かるように最初で最後の予定であった)を上演したところ、当日券を求める客があふれるほどの大好評となり、多くのリクエストを受けて翌2005年に『伊東四朗一座 〜急遽再結成公演〜』を上演、こちらも好評を博した。

テレビではあまり見られないが、歌の素養もあり、ギターの弾き語りもするなど、幅広いエンターテイナーとしての素地を持った芸人である。優れたリズム感は70歳近くになっても衰えず、『伊東家の食卓』での体を使ったゲームなどは若者に先駆けてクリアしていた。2005年の舞台ではラップも披露した。息子の孝明と海外旅行する番組では英会話もこなしている。百人一首を暗記したり、円周率を100桁以上暗記、さらに500桁を目指す、アメリカ合衆国の州を毎日暗唱するなど、脳の活性化のためにと自分なりの工夫を実行している。趣味とストレス解消はテニス。

保守的思想の持ち主であり新しい歴史教科書をつくる会などの保守派団体の賛同者となっている。毎年靖国神社で行われる「みたままつり」には、日本の現状を憂いた句などを自書した献灯を奉納している。

伊東さんお歳のわりには、健康そうな顔色がね。

BACK